EDの多様な原因と症状

勃起不全は、最近はEDと呼ばれることが多いです。勃起不全の原因は様々ですが、最近は、ストレスなどによる心因性の勃起不全の患者が増えています。男性の体は、性的な刺激によって脳から信号が送られると、陰茎海綿体の動脈が拡張して血液が流れ込み、膨張して硬くなります。この状態が勃起した状態です。ところが、何らかの原因によって動脈の拡張が足りないと、勃起障害の原因となります。糖尿病の患者には、性欲の低下や勃起不全の悩みを抱えている人が多いです。これは、糖尿病になると、神経や血管に障害が出るため、血管の拡張が起こらないケースがあるからです。また、神経や血管に障害はないのに、心理的な要因で勃起不全になる人も多いです。心理的な要因には、夫婦間のトラブル、仕事でのストレス、幼児期の精神的外傷などがあります。ストレスは、性欲を減退させる大きな原因となります。うつ病の患者は、50%の確率で勃起不全を合併するとも言われています。服用している薬が原因となって、勃起不全が起きる場合もあるので、注意が必要です。精神的疾患の治療に使われる薬は、脳内の神経細胞に影響を与えるため、勃起にも影響が出るケースがあります。アルコールは、中枢神経系を抑制するので、適量ならばリラックス効果があります。しかし、飲み過ぎると男性機能を低下させることもあります。ですから、精力が減退したと感じる人は、飲酒は控えめにした方がいいです。大部分の勃起不全は、治療が可能です。勃起不全の改善には、生活習慣を見直し、医師の指導の下で適切な治療を行うことが大事です。最近は、偽造されたED治療薬がインターネット上で販売されていることもあるので、注意が必要です。

ED治療の種類

勃起不全(ED)治療の種類や方法はさまざまであります。ここでは、4つに分けて説明してみましょう。第1は、なによりもED治療薬です。有名なバイアグラのほかに、レビトラやシアリス、ベネグラなど多くの種類があります。ジェネリック製品も含まれており価格もかなり異なっています。これらの治療薬は、飲んだ後に1時間程度で勃起を促進するものですが、どの治療薬も勃起を阻害する物質(PDE5などの物質)を排除する力があり、排除することによって性器血液量を増加させる働きを持っています。問題点としては、持続的に使用すると効果が薄れてくることです。薬に頼り過ぎはどの病気でも問題が出てきますが、薬に依存することで、自力で勃起するような力を低下させることになります。普段から健康に気をつけ、疲労、ストレス、喫煙など勃起を阻害するような要因を避けるような環境づくりが必要と言えましょう。勃起不全治療の種類と方法の第2として「強精剤」があります。これは、催淫剤や性ホルモン剤、そして局所麻酔剤を含む軟膏などがあります。漢方では、八味地黄丸や枸杞子などが有名です。最近では、亜鉛含有のビール酵母、牡蠣肉など男性ホルモンを増加させるサプリメントが出ています。第3は「強壮剤」です。これは薬というより、むしろ疲労や栄養状態の側面を補強するものです。新陳代謝と栄養状態を変化させて疲労回復を促進し勃起をうながします。この第2と第3の種類としての「強精剤」や「強壮剤」に共通に含まれている物質があります。これがアルギニンという物質です。アルギニンはアミノ酸の一種でダイエットサプリや美肌などの使用が多かったものです。ところが、近年、血液流の改善というED治療薬と似ている効果を持つ成分として注目されるようになりました。

ED治療薬の紹介

EDの原因は精神的なストレスやトラウマによる心因性、勃起のメカニズムで重要な役割を果たす神経の損傷や血行不良による器質性の大別して2種類が存在します。特殊なケースとして特定の治療薬による薬剤性のEDもありますが、滅多に起こり得ることではないのであまり知られていない問題です。こうした原因によって勃起が上手くできない人では、性行為が満足に行えず、パートナーを不満にさせたり、男としての自信が喪失してしまうことにも繋がるため、年齢や原因で諦めたりはせず、専門の医師に相談して治療を行うことが重要となります。病院で診察を受けるとED治療薬を処方してもらうことができ、高い有効性で軽重に関わりなく、ほとんどの患者に改善が見られたという報告があります。その割合は80%を超えており、軽度の場合は95%以上の割合で改善できるのではと考えられています。ED治療薬は成分の違いで大きく3種類が存在しますが、作用機序はどれも同じで、勃起を萎えさせる原因となる酵素を阻害し、血管を拡張させて維持できるようにするものです。基本的に器質性の症状に対応しているのですが、心因性の患者でも精神安定剤と併用することで高い改善効果を見込めます。ただし、ED治療薬は使用のタイミングや併用禁忌の問題から取り扱いが難しく、医師の注意事項をしっかりと聞いたうえで使用することが推奨されます。特に食事のタイミングが重要となるため、脂っこいものと一緒に飲んだり、深酒をして服用するようなことをすると効果が出なかったり、酷いめまいを感じて倒れることもあるため注意しなくてはいけません。服用すると一日中勃起しっぱなしではといった疑問や身体的な依存などの問題もなく、正しい使用条件であれば安全性は高いと言えるので、勃起に悩んでいる人は治療薬の使用を考えてみると良いでしょう。

■女性の性行為での悩みにはこちらの女性用バイアグラを
ラブグラ
■EDに関するお悩みをサポート
ED 福岡
■効き目が早いEDの薬
レビトラ 通販
■ED治療薬の中で効果時間が長いシアリス
シアリスは優れもの